ベトナムの麺料理(フォー、ブン)

病みつきになる「フォー」の世界、庶民の味方「ブン」

ベトナムの麺料理

ベトナムの麺について

ベトナム料理は、日本人の舌と胃袋にほとんど違和感のない食べ物です。中国料理ほど脂っこくなく、タイ料理のように甘さ辛さの輪郭がくっきりしているわけではありません。それは、麺料理も同じです。

ベトナム麺は米粉を原料にしたものが多いですが、日本のラーメン同様、小麦を原料にしたミーも現地で愛されていますし、緑豆春雨も食べられています。そのほかにも、さまざまな根菜が、麺の原料に使われているようです。一年の大半を暑い気候のもとで過ごす国の人々が、米なり芋なりの主食を少しでもおいしく喉を通せるよう、工夫を重ねた結晶が、これらの麺料理なのでしょう。

ベトナムの街を歩けば、食堂や屋台で『フォーボー』や『ブンチャー』などと手書きの看板がいくつも見つかります。小規模な店ではだいたいメニューは、2~4種類。鍋一つ分のスープに、麺の種類だけを変えて、具はほとんど同じという商品展開です。

フォーボー

知る人ぞ知る「フォーボー」のバリエーションから、そのトッピングシステムまでを紹介

ブン

種類が多く、いわばベトナム食生活の象徴「ブン」

ベトナム麺の種類

世界有数の米生産国であるベトナムだけあって、米粉の麺の種類が豊富!