カルグクス

熱いスープで食べる切り麺、カルグクス

カルグクス

カルグクスは、もともと新麦の穫れる夏の食べ物だったそうです。うだるような暑い日も、汗をかきながら熱いカルグクスをほおばっていれば、夏バテも吹き飛んでしまうそうな。

作り方は日本の手打ちうどんとほぼ同じ。小麦粉に卵や塩、ゴマ油を加えて水で練ったものを麺棒でのし、包丁を使って切ります。茹で上がりちょっと幅の広いうどん状態。カルは「包丁」を意味する言葉なので、カルグクスとは、つまり、「包丁麺」ということです。

家庭では釜揚げで食べるケースもあるようですが、店で出す食べ方は一種類。ゆでた麺に、煮干しあるいは牛、鶏などのダシに塩味をつけた熱いスープをかけます。具は簡単には油揚げとネギ、ノリ。専門店では肉やズッキーニも入ります。付け合わせには水キムチやキムチが添えられます。特に白菜のキムチは必需品。白っぽいスープをキムチと唐辛子で赤く激しく染めて食べるのです。屋台などでは、コチュジャンだけ添えられていることもあります。

早い、おいしい、値段も手軽のカルグクスは、昼食にもってこい。学生食堂のメニューにはたいていありますし、ちょっと小腹が空いたときは、屋台でも簡単に食べることができます。コシのある麺に、あっさりながらコクのあるスープは日本人好み。もっとも、韓国人にならってキムチたっぷりいれると、その味はコリアンテイストに激変します。

.